悩みを抱え込まず相談電話で心の重りを外そう!

詐欺被害の相談

通話する女性

悪質な詐欺

近年、特殊詐欺の被害が増加傾向にあります。その多くは、情報弱者と言われる地方に住まいの方や、高齢者や女性、または未成年を狙った犯罪です。中でもネットを巧みに駆使した「なりすまし詐欺」が多く、その被害額も億単位にも登ります。例えば消費生活センターの相談電話では、偽りの請求による詐欺が横行しています。ある日見覚えのない請求書が届き、支払いがない場合は裁判所に提出するなどといった内容になっています。この文面に驚いた被害者がお金を振り込んでしまう詐欺の被害に合うというケースが実に多いのです。このような詐欺に直面した場合、覚えがない場合は反応しないのが正解です。また、すぐ警察や消費者センターの相談電話で類似した被害届けが出ていないか確認してもらいましょう。

見覚えないのない電話番号

最近では一般の方でも簡単にネットショップをオープンし、オリジナルグッズの販売が行えるようになっています。ネット上でのショップ開設には運営者登録が必要になり、実名や住所、電話番号の登録が必要です。登録情報はサイト利用者はもとい、関係のない人物まで観覧できるようになっています。そのせいで、見に覚えのない営業電話が増えたという被害に合った方もいるでしょう。このような場合、電話をとっても相手にせず電話を切ることが大事です。また、あまりにも営業電話がひどい場合は、サイト運営側に相談電話を入れたり消費者センターで相談することも大事です。それでも収まらない場合は、着信拒否を行ったりレンタルオフィスを開設したり対策を行いましょう。

Copyright© 2019 悩みを抱え込まず相談電話で心の重りを外そう! All Rights Reserved.