悩みを抱え込まず相談電話で心の重りを外そう!

パートナーや家族間の問題

電話

身内間でのトラブル

近年、家族間やパートナーとの間で起こるトラブルが増加傾向になります。幼児虐待やDVといった問題もTVやマスコミで連日報道されています。これらメディアで取り上げられる報道はごく一部であり、その多くは未だ未解決であることも珍しくありません。なぜ虐待やDVといった問題が解決できないのか、それは身内間で起こっている問題のため中々第三者が発見できず、介入できないからです。幼児虐待やDVの加害者は表と裏の顔を使い分けている場合が多く、被害者は社会的弱者またはそう追い込まれてしまうのです。しかし相談電話を利用すれば複雑な問題も解決することが可能です。

暴力や虐待の相談電話

暴力や虐待に関する相談電話は数多く解説されています。行政や各民間団体が協力し、フリーダイヤルで相談にのってくれます。最近では、コンビニのトイレでフリーダイヤルのフライヤーが設置されていたり、「ブラックドットキャンペーン」等が認識されはじめています。また、暴力や虐待に関する相談電話は無料で利用できることも多く、各団体と連携してシェルターの紹介も行ってくれます。時に相談電話を利用するだけでも勇気がいるでしょう。しかし、自分の身を守りたい、守って欲しい存在がある場合は勇気をだし電話を行いましょう。また、直接の関係はなくとも、このような問題に直面している人に出会った場合は、出来る範囲で相談電話を紹介してあげらり検索の手助けをしてあげましょう。

相談電話の内容

基本的に、相談電話の内容は他者に共有されることもなく、個人情報も保護されています。まずはどのような悩みを抱えているか相談員に話すことからはじめましょう。相談電話の利用と合わせて、自分なりに行動を起こすことも大事です。住まいの市町村の役場では相談窓口が設置されていますし、専用の相談電話も開設されています。自宅でネット使用ができない場合は、コワーキングスペースや図書館等でPCを利用してもいいでしょう。

Copyright© 2019 悩みを抱え込まず相談電話で心の重りを外そう! All Rights Reserved.